ヴァイオリニスト 松原まり公式ウェブサイト

message

朝の風、水面の揺らめき、光の影 etc...
そんな自分の周りにいつもある何気ない風景に音楽をつけたい。
それがわたしの音楽の興味への始まりでした。

クラシックはもちろん、あらゆる音楽ジャンルを超えて
ヴァイオリンから奏でる音色を届けていきたいと思います。

ヴァイオリニスト 松原まり

profile

松原まり

ヴァイオリニスト/ 1991年生まれ / 大阪府出身

4歳よりヴァイオリンを始め、
10歳でソリストとして日本テレマン協会監督の延原武春指揮、大阪市ユースオーケストラにてバッハのヴァイオリン協奏曲第一番イ短調を共演し、デビュー。

その後、新日本フィルハーモニー管弦楽団、
プロアルテ管弦楽団等、国内外のオーケストラと共演。
これまでに、レガシィヴァイオリンコンクール第1位、江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第3位、アゼリア推薦新人演奏会奨励賞、セシリア国際音楽コンクール第5位、ブラームス国際音楽コンクールディプロマ授与等、多数受賞。

桐朋女子高等学校音楽科、ウィーン国立音楽大学演奏科にて、原田幸一郎、
ドーラ・シュバルツベルク、アントン・ソロコフの各氏に師事。

現在は、PlayStation4「オメガクインテット」(コンパイルハート)作中BGM、PlayStation4/Vita「ワールド オブ ファイナルファンタジー」(スクウェア・エニックス)ED曲のサウンドのソロヴァイオリン演奏担当や、ニコニコ動画番組「おとや」「アルティメット人狼」、東京ゲーム音楽ショー2016、エリアピコピコ88の出演など、クラシック音楽のみにとどまらないレコーディングやライブ出演等、
幅広い演奏活動を展開中。

violine

Copia Stravivari(1709)
Amatise Leandro Bisiach da Milano
face I'anno 1910

自分が演奏しているのを忘れ、楽器そのものが自ら音を奏でる。
そんな錯覚に陥った時、そのヴァイオリンの持つ力に心底、驚かされる。

オーケストラから現代音楽まで、
時代を超えた音楽と共演し、心打つ音色を奏で続ける
このヴァイオリンと共に、代々受け継がれてきた音楽を愛する
人々の思いを感じながら、音楽の素晴らしさを
届けたいと思っています。

contact

  • Company/Name(必須)
  • E-mail(必須)
  • Telephone
  • Message(必須)

Violinist

MARI MATSUBARA

OFFICIAL WEBSITE

© 2016 Creative Laboratory,inc.